*

高山行の高速夜行バスは結構快適でした(飛騨高山・白川郷①)

      2015/04/29


夜行バスで飛騨高山と、白川郷に1泊3日で行ってきたのでその紹介です。

今回の旅行は、高山の古い街並み、臥龍桜、白川郷が目的になります。

滞在2日という短い時間ではありましたが、濃厚で紹介していくと長くなりそうなのなので、4回に分けて紹介しますね。

  1. 夜行バス~白川郷行きバスまで (ほとんどバス紹介です)
  2. 白川郷
  3. 高山着 ~ 臥龍桜
  4. 高山市内

今回は第1弾のバス紹介です。
本編とはあまり関係ないので、バス旅気になってる人以外は軽く飛ばす感じで見てもらえれば十分ですw

久しぶりの夜行バスの乗り心地は・・?

京王バスの新宿22:50発 ⇒高山バスターミナル4:30着の夜行バスになります。

夜行バスは2012年に乗って以来、約3年ぶりです。

この3年で夜行バス事故が起きたり、LCC台頭などが理由で飛行機での旅行ばっかりでした。
夜行バス片道+ちょっと出すだけで、飛行機の往復ができちゃうので安いですよねー。

ただ、自分が夜行バスに乗るのは、「現地での時間を有効に使えるから」という理由が一番大きいので、値段はあまり気にしていなかったりします。

今回も、追加料金を払うと2列ゆったり使えるシートになるので、迷わず追加料金払ってます。

金曜日の仕事は定時で切り上げて、一旦帰宅。

夕飯食べたり風呂に入ったりといつも通りの生活をして、新宿へ!
23時過ぎに新宿について、コンビニで飲み物などを購入して西口の京王バスのバスターミナルへ。

路上からばっかり乗っていたのでちゃんとしたバスターミナルから乗るのは新鮮です。

P4240009_LS_LS
↑ 金曜日の夜だからでしょうか、やっぱり利用する人は多いですね。
(高山行のバスも満席でした)

P4240006_LS_LS
↑ その場でもチケットは買えますが、自動券売機もありましたw

P4240011_LS_LS P4240014_LS_LS
↑ バスはこんな感じ

肝心のバスは4列スタンダードタイプです。

4列シートですが、シートは広めに取ってあるようで1シートだけでも快適に過ごせそうかな?
足の部分の写真は撮り忘れましたが、170cmの身長で足が延ばしきれるような感じです。
180cmだとちょっときついかもしれません。。

ただ、席の固さやリクライニングは普通のバスと同じなので、寝つきが悪い人は装備を枕やクッションがあった方がよさそうですね。

ちなみに、今回はある程度覚悟していたので、枕・エアークッションなどなど睡眠グッズは持っていきましたw

途中、談合坂で休憩を挟んで朝4時半に高山駅バスセンターに到着。

早朝着~白川郷行のバスに乗るまで・・

P4250029_LS_LS
↑ 予想通りですが、朝の駅前には全く人はいないです。

P4250869_LS_LS
↑ もちろん観光案内所も開いているはずがありません。

あと、お店もあまりなく、周りで開店していたのはファミマくらいでした。
ちなみに、ここのファミマには高山の定番お土産の「さるぼぼ」のファミマ版「ふぁみぼぼ」が売ってるので時間あれば見ておくといいでしょう。

次の予定は朝7時50分発の白川郷行のバスになります。
時間によっては予約が必要なことに気付かず、夜行バスの中で予約しましたw
時刻表はこちら (濃飛バスHPへ)
バスの席に余裕はありましたが、乗れないと1時間後とかになってしまうので、事前に予約しておいた方がいいでしょう。

ちなみに、白川郷行のバスはツアーバスなど複数出ていますが、1時間に1本程度運行がある濃飛バスが融通が効くので便利だと思います。

ということで3時間ほど時間があるので、時間潰しのためにマックに逃げ込みました。

P4250033_LS_LS
↑ 結構立派なマックです。気軽に入れて24時間営業のマックにはいつも助けられてます。

ちなみに、マックはバスターミナルとは逆の口になるので、一回地下道通って逆口に抜けてくださいね。
(高山駅近くのマックはそこ1店舗のみです)

3時間近く時間を潰してバスターミナルに戻ります。

すっかり日も高くなって、駅前に活気も出てきています。

P4250042_LS_LS P4250045_LS_LS
↑ 外人さんも多かったです。人気スポットなのですねー

白川郷まで50分ほどの道のりです。

 

⇒次からが本番です。続く・・

-------------------------------------

ブログ村 ランキングに参加しています。下のボタンを押してもらえるとモチベアップに繋がって嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

-------------------------------------

 -国内旅行

  関連記事

P7250114_LS

浜名湖 舘山寺は冒険気分で面白い!(浜松日帰り②)

青春18きっぷで浜松日帰りしてきたときの紹介ですー。 ルート紹介から、浜名湖散策まで2つに分けて紹介

P9051080_LS

来宮神社でご神木を眺める+温泉(熱海18切符日帰り②)

前回の商店街、海岸に続いて第2回です。 熱海日帰りの本来の目的が今回行く2か所になります。 周った場

PC130046_LS

早朝便で北海道行ってきました!(北海道その1)

復活できたので早速札幌の記録書いていきますー。 (写真は新千歳の滑走路です。) 行ったのは12月13

P4250301_LS

臥龍桜が綺麗すぎて感動した!(飛騨高山・白川郷③)

夜行バスで飛騨高山と、白川郷に1泊3日で行ってきたのでその紹介です。 濃厚で紹介していくと長くなりそ

P5300098_LS

善光寺御開帳に行ったらえらい混んでた

長野県善光寺の御開帳に日帰りで行ってきたので紹介です。 今回も最近利用機会の多いバス(夜行ではないで

P7250057_LS2

青春18切符で浜松日帰りしてきた!(浜松日帰り①)

7月20日より青春18切符の夏期間が始まりましたので、さっそく購入して日帰りで埼玉から浜松まで小旅行

P9051185_LS

熱海で美味しい海鮮を頂く!(熱海18切符日帰り①)

冬の青春18切符が出ている中ですが、夏の18切符で埼玉から熱海に日帰りで遊びに行ってきたので紹介です

P6050003_LS

Willer Expressのコクーンが快適だった!(名古屋・岐阜日帰り①)

週末に夜行バス利用して東京から名古屋と岐阜に日帰り旅行してきましたー。 日帰りとは思えないほど色んな

P4260605_LS

高山は観光地として大成功していた(飛騨高山・白川郷④)

夜行バスで飛騨高山と、白川郷に1泊3日で行ってきたのでその紹介です。 4回に分けて紹介していますがや

P4250107_LS

白川郷で昔ながらの田舎町を体感(飛騨高山・白川郷②)

夜行バスで飛騨高山と、白川郷に1泊3日で行ってきたのでその紹介です。 濃厚で紹介していくと長くなりそ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

P8110005_LS2
羽田空港早朝便のために朝まで寝てみた

今回ですが、色んな旅行者さんのブログで使い古されたネタではありますが、羽田空港早朝便に乗るため国際線

P2260566_LS
武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P2260486_LS
漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

P2250402_LS
ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P2250345_LS
長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。


  • 埼玉県出身。都内で働く30代サラリーマン。外に出かけるのが好きでしょっちゅう遠出してます。

    サラリーマンでも土日だけや3連休で十分旅行を楽しめるというのを伝えていきたいと思っています。

    国内海外ともにLCCや夜行バスを駆使して格安で行くのがモットーです。

    -------
  • 航空券予約はまずこれで最安値確認です!