*

宝通禅寺の宝塔に登ってへとへとになる(中国 武漢④)

   


今回の1泊2日武漢旅行では、以下のようなルートで観光をしてます。

1日目:空港⇒宝通禅寺(今回)⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢路のホテル

2日目:ホテル⇒漢口租界⇒中山路⇒空港

武漢の観光地としては黄楼閣が有名ですが、あそこはアクセスが悪く時間もかかるため、まず空港からメトロ2号線に乗って直通な宝通禅寺の観光開始です。

春秋航空の13時頃着だと1日目はこのルートがいいように思いますが、ホテルの場所によっては先に江漢駅下車して渡し舟経由で黄楼閣からメトロ駅⇒宝通禅寺もありだと思います。自分の場合はホテルが江漢路でしたので上記のルートです。

宝通禅寺ってどんなとこ?

どんなところ思ったのでAraChinaさんよりちょっと引用

南北朝時代の劉宋時代(420-479年)に建てられました。もともとは東山寺と呼ばれていましたが唐の貞観代(627-649年)に弥陀寺にと改め、南宋の端平代(1234-1236年)に崇寧万寿禅師と改称しました。明の時代になると成化二十一年(1485年)に「宝通禅寺」となりました。武漢に現存する最古の寺院です。

AraChina:http://www.arachina.com/wuhan/attraction/baotong-temple.htmより引用

歴史のある場所なんですねぇ。観光地少な目の武漢で貴重な観光資源ですね。

チケット売り場が分かりにくすぎる!

宝通寺駅の地上出口はC2から出るとすぐに入口になるためおすすめです。

逆の口から出ると、ショッピングセンターなどがありますので、中国のデパートってどんなの?って思ったらそちらから出るのもありです。

ATMもデパート口であれば何か所かあるので問題ないでしょう。

P2250184_LS
↑ C2出たところ。黄色の建物が宝通寺の山門に通じています

P2250118_LS P2250117_LS
↑ 入口。近いアングルだったので1枚に収められず・・

そのまま入っていったらモギリのおばちゃんにチケット売り場は外だ(的なこと)を言われて追い返される・・

外出てうろうろしてみたけど全然見つからず、諦めかけてると・・

P2250120_LS
↑ これがチケット売り場

門から見て左手にありました・・

確かに上にチケットって書いてありますけど小さすぎるよ!

窓かと思って見落としてたし。

P2250121_LS
↑ 拝観料は10元。安いですね

早速入ってみましょう。

山門~洪山宝塔

P2250123_LS
↑ いい感じの入り口

P2250129_LS
↑ 中国にありそうな橋と池ですな

ここは進んだ先の小山にある洪山宝塔が有名なので、そこまで行くことにします。

P2250130_LS
↑ 本殿入り口

名前が”禅寺”なのでお気づきだと思いますが、中国の儒教のお寺ではありません。

なので各建物には大仏があります。(室内撮影禁止のため写真はなし)

P2250135_LS
↑ 雰囲気いいですね~

P2250136_LS
↑ 天井天下唯我独尊

P2250139_LS
↑ 平地で一番奥の伽藍

この中にはでっかい金色大仏がありました。中国で禅寺見たの初めてかも。

そして、一番奥の仏殿から先は階段地獄が始まりますw

P2250147_LS
↑ 登って

P2250149_LS
↑ 中間に伽藍があり(ここも大仏ですが、壁一面に小さな仏像が並んでいて見応えあるのでスルーしないように)

P2250154_LS
↑ きつい・・

P2250158_LS
↑ まだ登る

P2250160_LS
↑ やっと到着。これ結構足に来ますね。旅行の最初のスポットなのに結構疲れました・・

洪山宝塔内部

P2250162_LS
↑ 中に入ってみます

どうも拝観料2元のようですが、モギリのおばちゃんはカードゲームに熱中しており、スルーで通してくれました。適当だなぁ

P2250163_LS
↑ 入口。かなり狭いです

中も撮影禁止なので写真はありませんが、白石造りでかなり狭いらせん階段になってます。

らせん階段は一段一段も高くなっているため、思った以上に疲れました。。

さらに白石が服に着くと白く汚れますので注意して登らないといけないのでさらに気を使います・・

10分弱(下りの人との待ち時間含む)登って頂上になります。

頂上は外側に出られるようになっていて、

P2250166_LS P2250167_LS
↑ 周辺が一望できます。いい眺めです

にしても建築ラッシュですねぇ

頂上から中を撮ってみると、

P2250165_LS
↑ こんな狭いです・・

この後、また登ってきた階段を全て下って宝通寺入口まで帰還です。

P2250183_LS
↑ 入口周辺の建物は段差も少なくて動きやすいのですが・・

感想

中国で禅寺を見たのが初めてだったので新鮮に色々見ることができました。

ただ、登りが多すぎで初っ端なのに凄い疲れました・・

宝塔は登る価値あり!・・というと言いすぎですが、体力に余裕があればどうぞという感じでしょうか。黄楼閣はここより高い場所にあるのでもっと見渡すことできますしね・・。

景色目当てであれば宝塔登るのは見合わせてもいいかもしれません。

一応すべての建物見て回って拝観時間1時間程度。規模としてはちょうどいい感じでしょうか。

最初の引用にもありましたが、武漢で一番古いお寺ですし、地下鉄のアクセスもいいため観光ルートとしてはおすすめです。

-------------------------------------

ブログ村 ランキングに参加しています。下のボタンを押してもらえるとモチベアップに繋がって嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

-------------------------------------

 -中国, 武漢

  関連記事

P2250100_LS

天河国際空港から武漢市街へはメトロ利用で楽々移動(中国武漢③)

前回までで空港と空港からのアクセスを紹介しました。 空港内部については以下をご覧ください 天河国際空

P8310888_LS

上海1日観光ルート①(上海・蘇州⑤)

今までは空港やら鉄道やらの移動手段について紹介してきました。 今回やっと観光ルートの紹介です。 &n

P2250262_LS

黄楼閣で武漢の街を見下ろす(中国 武漢⑤)

今回の1泊2日武漢旅行では、以下のようなルートで観光をしてます。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄

P2250402_LS

ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P8300018_LS2

夜の羽田空港は開いているお店も多く過ごしやすい(上海・蘇州①)

更新することはたくさんあれど、サボってなかなか更新できていませんでした。 今回は2泊3日で上海、蘇州

P8300361_LS

上海一日観光ルート② ー 街に飽きたら裏路地にいけ! ー(上海・蘇州⑥)

前回は、外灘と豫園の一日ルート紹介をしました。 今回は後半戦の南京東路と新天地の紹介です。前半のルー

P2260624_LS

天河国際空港(武漢)探検隊!(中国 武漢①)

春秋航空737セールで中国武漢線が格安で取れたので弾丸1泊2日海外旅行に行ってきました。 ⇒春秋航空

P9010991_LS

上海虹橋空港でファーストクラスラウンジを利用する(上海・蘇州⑧)

上海旅行記の最後は虹橋(ホンチャオ)空港でのラウンジ利用です。 最後に上海旅行の総括もしているのでよ

P8310608_LS

蘇州日帰り観光 - 庭園と古い町並みが好きなら蘇州へ ー(上海・蘇州⑦)

さて、長く紹介してきた中国旅行も終わりに近づいてきました。 今回は上海駅で購入した高速鉄道チケットで

P2250345_LS

長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

P8110005_LS2
羽田空港早朝便のために朝まで寝てみた

今回ですが、色んな旅行者さんのブログで使い古されたネタではありますが、羽田空港早朝便に乗るため国際線

P2260566_LS
武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P2260486_LS
漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

P2250402_LS
ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P2250345_LS
長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。


  • 埼玉県出身。都内で働く30代サラリーマン。外に出かけるのが好きでしょっちゅう遠出してます。

    サラリーマンでも土日だけや3連休で十分旅行を楽しめるというのを伝えていきたいと思っています。

    国内海外ともにLCCや夜行バスを駆使して格安で行くのがモットーです。

    -------
  • 航空券予約はまずこれで最安値確認です!