*

ルアンパバーンは見どころ仏閣もたくさん(ラオス・ルアンパバーン⑤)

   


ルアンパバーンはフランス植民地時代の建物が残ると同時に仏閣が多いことでも有名です。

このコントラストが素晴らしいのですが、今回はおすすめの寺院をご紹介させていただきます。

大きさとしてはタイの寺院に比べると小さめではありますが、タイと同じく黄金の建物というのは変わりませんので、見ごたえはあると思います。

構成は↓な感じで紹介しています。

 

1.ワット・シェントーン

まずはここが一番有名どころです。

p3180622_ls
↑ こんな建物です。ルアンパバーンを調べるとまず最初に出てくる場所ですね。

見どころとしては2つ、本殿(上の写真)と宝物殿になります。

本殿は、

p3180626_ls
↑ 入口からきらびやかです

p3180629_ls
↑ 中はあまり広くありませんが、内装含めて綺麗で厳かな感じです

p3180642_ls
↑ 柱は仏教的な絵柄で綺麗

p3180628_ls
↑ 屋根は木造?な感じで日本家屋と似た感じがしますね

外に出て周りを見て回ると、

p3180652_ls
↑ 側面も絵がたくさん描かれています

p3180656_ls
↑ 裏側もきらびやかでとても絵になります

個人的には正面からより裏から見た方がが好きですね。

続いて宝物殿ですが、

p3180603_ls
↑ きらびやかな外観が特徴です

中には、

p3180619_ls
↑ 黄金の船を中心として、

p3180609_ls
↑ 多くの仏像もあります。壁の絵も綺麗ですね。

全体的に壁画の仏教画がきれいな寺院になります。

有名なのもありますが、ここは是非行ってみてください!

 

2.ワット・マイ

こちらは王宮の横のある一番綺麗だとガイドブックに書いてあった寺院です。

p3180333_ls
↑ 外観

規模としてはワット・シェントーンと同じくらいですが、きらびやかさはこちらにはあまりないですね。

一方、入口は、

p3180334_ls
↑ 絵ではなく彫刻となっており、シェントーンよりも豪華な感じします

早速中に入ってみましょう!

p3180363_ls
↑ 正面から

思ったより中は広いですね。

仏像もきらびやかな感じもします。

上座仏教のお寺!という感じでいいですねー

近づいてみましょう。

p3180345_ls
↑ 思ったより仏像が細いですねw

他にも遺影のようなものも・・(結局誰なのかはわかりませんでしたが・・)

仏像の裏側にも回れるようで、そちら側には

p3180348_ls
↑ 壁際に小さい仏像がたくさん!

これはすごいですねー。暗いので写真撮るの苦労しましたがうまく撮れてよかったです。

他にも、

p3180349_ls

p3180356_ls
↑ 小さな仏像も多く飾ってあり、仏教の影響力がよく分かりますね

ワットシェントーンに比べると外観としては地味ですが、内部はこちらの方が上かなーと思います。

こちらも是非行ってほしいおすすめ場所です!

 

3.ワット・パバートタイ

最後はワット・パバートタイです。こちらはマイナー寺院なのですが、ちょっと趣が違っているので紹介させてもらいます。

p3180423_ls
↑ 正面から。他の寺院とはちょっと経路が違う感じです。

こちらは上2つとは違ってマイナーな寺院になります。

場所としても市街地からはちょっと距離があって訪れる人も少ないです。

ラオスの仏閣は、ワット・シェントーンのような三角屋根の建物ですが、こちら寺院はベトナム様式の寺院になりますのでちょっと他とは趣が違います。

p3180424_ls
↑ 建物も石造りで少し違います

p3180427_ls
↑ 中には同じような建物もありますが、

p3180429_ls p3180430_ls
↑ 中に入ってみると全く雰囲気が違うことがわかります

また、他の寺院にはない、

p3180440_ls
↑ 涅槃仏を見ることもできます

場所がちょっとわかりにくく、幹線道路から

p3180442_ls
↑ こんな道に入っていかないといけないですw

行きにくいのもあるのか、人は全然いませんねー。

ラオスでありながら、別の国の雰囲気も味わえるのでここもおすすめです。(規模は小さいですが)

市街地から離れているため行きにくい場所ですが、前回の地元体験で紹介したタラート・ポーシーへ行く手前にありますので、よかったら訪問してみてください。

 

全体マップ

上で紹介した3つの位置になります。

map1

こっちが全体が載っている版

map2

ワット・パバートタイがいかに遠いかがわかりますが、どれもいい場所なのでぜひ!

-------------------------------------

ブログ村 ランキングに参加しています。下のボタンを押してもらえるとモチベアップに繋がって嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

-------------------------------------

 -ラオス

  関連記事

p3191241_ls

ナイトマーケットでお土産買いつつ満腹になる!(ラオス・ルアンパバーン⑥)

長く紹介しているラオスルアンパバーンですが、もう少し紹介させていただきます。 今回はアジアの国にはよ

P3180680

ルアンパバーンに行ったら現地の生活に触れてほしい!①(ラオス・ルアンパバーン③)

前2回に渡ってルアンパバーンの空港を紹介しましたので街もこれから何回か紹介させてもらいます。 まず今

P3201516_LS

ルアンパバーン国際空港は時間潰しが難しい・・①(出国前エリア)

さて、タイトルの通り、需要があるか分かりませんがルアンパバーン国際空港の施設メモでも紹介させてもらい

P3180213

ルアンパバーンに行ったら現地の生活に触れてほしい!②(ラオス・ルアンパバーン④)

前回からの続きで現地生活を垣間見れる場所ということで紹介しています。 まずは全体の目次 前の投稿の目

p3170170_ls

メコンリバービューホテルは内装、外装、食事の全部素晴らしかった!(ラオス・ルアンパバーン⑩)

今まで色々とルアンパバーンの観光を紹介してきましたが、最後に泊まったホテルの紹介で締めようと思います

p3190923_ls2

パクウー洞窟半日ツアーで一生分の仏像を見た!①(ラオス・ルアンパバーン⑧)

長いこと紹介してきたルアンパバーンの紹介もほぼ最後です。(洞窟ともうちょっとだけ続きます) 今回は、

p3190966_ls2

パクウー洞窟半日ツアーで一生分の仏像を見た!②(ラオス・ルアンパバーン⑨)

2回に渡って紹介しているパクウー洞窟ツアーですが、今回は洞窟内部の紹介となります。 前回含めた目次は

P3201536_LS

ルアンパバーン国際空港は時間潰しが難しい・・②(出国後エリア)

前回から紹介しているルアンパバーン国際空港の紹介です。 ざっと↓の感じで紹介しています。 前回:到着

p3180713_ls2

メコン川に沈む夕日を見るならココ!(ラオス・ルアンパバーン⑦)

今回はメコン川に沈む夕日特集です。 多くの方はルアンパバーンに宿泊されると思いますので、その際はぜひ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

P8110005_LS2
羽田空港早朝便のために朝まで寝てみた

今回ですが、色んな旅行者さんのブログで使い古されたネタではありますが、羽田空港早朝便に乗るため国際線

P2260566_LS
武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P2260486_LS
漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

P2250402_LS
ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P2250345_LS
長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。


  • 埼玉県出身。都内で働く30代サラリーマン。外に出かけるのが好きでしょっちゅう遠出してます。

    サラリーマンでも土日だけや3連休で十分旅行を楽しめるというのを伝えていきたいと思っています。

    国内海外ともにLCCや夜行バスを駆使して格安で行くのがモットーです。

    -------
  • 航空券予約はまずこれで最安値確認です!