*

ルアンパバーンに行ったら現地の生活に触れてほしい!②(ラオス・ルアンパバーン④)

   


前回からの続きで現地生活を垣間見れる場所ということで紹介しています。

まずは全体の目次

前の投稿の目次(こちら

  • ラオスについて
  • ルアンパバーンについて
  • タラート・ポーシー(マーケット)

この投稿の目次

前回は実際のおすすめスポットとしては1つしか紹介できませんでしたが、今回は市場と托鉢の2点と全体のまとめの構成で紹介させてもらいます!

 

王宮裏通りの市場

前回のタラート・ポーシーは規模は大きいものの市街地から離れているため若干行きにくい場所だったと思います。

一方、こちらは市街真ん中にありますので、時間ない方でも行ける場所になっています。

P3180372_LS
↑ 入口。王宮近くですが小道にあるのでザ・田舎って感じが漂ってますね

早速中に入ってみましょう!

P3180373_LS
↑ アジアの台所といった感じ。気分高まります!

P3180374_LS
↑ 米や、

P3180379_LS
↑ 野菜、卵などに加えて、

P3180378_LS P3180377_LS
↑ 市場につき物の魚もいますよ!

ナマズ凄い大きさだ・・

ほかの魚も軒並み大きいし、やっぱりメコン川の恵みなんですかね?

色々と野菜やらが並びますが、もちろん

P3180388_LS
↑ 精肉もあります

これ、めっちゃハエたかってるんだけど衛生状態大丈夫なのかな・・

P3180389_LS
↑ 逆にタケノコなんかは皮で覆われてるし安心して食べられそう。なんか蒸したタケノコも売ってたし。

P3180386_LS
↑ 途中の脇道は昼は何もないですが、夜になると食べ物屋屋台でにぎわいます。
(ここはまた別の回にでも紹介しますね)

全体的には食料品が中心ですが、奥の方(王宮から見て奥)に進むと雑貨も売っています。

P3201371_LS
↑ 竹細工やお土産物なんかも若干ありますね。

P3201373_LS
↑ 猫なんかも(非売品)

規模としてはあまり大きくなく、10分もあれば周れてしまいますが、その分密度高く色んな売り物見ることができるので、ここでも十分満足できるのかなと思います。

やっぱり市場は面白い!

アクセス

場所は最初に書いた通り、王宮すぐ横の通りになります。

昼前くらいになるとお店は閉まり始めるので、早めに行った方がいいですね。

 

朝の托鉢

さて、こちらはご存知の方も多いと思いますが朝の托鉢です。

ルアンパバーンの名物でもありますね。ラオス自体敬虔な仏教(上座仏教)国ですのでお坊さんは珍しいものではないです。

場所についてはこちらも市場と同じく市街地が托鉢のポイントとなっています。

各寺院の近くからお坊さんたちが出発し、街中を歩いた後に寺院に戻っていくという流れなので、寺院近くにいれば結構見られます。

ただ、こちらは朝6時~6時半くらいのイベントになりますので、朝苦手な方はご注意を。

こちらはまずはマップから。

托鉢場所マップ

map_takuhatsu

↑クリックで拡大できます。

この矢印以外も練り歩きますが、代表的なところになります。

 

おススメゾーン(赤ライン)

こちらは裏通りで、古い建物や寺院と托鉢の風景がとてもマッチしていて映える場所になります。

P3180205_LS
↑ 地元のおばあちゃんとかもこちらにいます

P3180208_LS
↑ コロニアルな建物もたくさんあります

P3180234_LS
↑ こんな景色も撮れます

赤ライン左側には寺院もあり、寺院+托鉢の景色が見られます。

P3180211_LS
↑ 印象的な建物とオレンジ色のコントラストが映えますね

P3180231_LS
↑ この辺りは撮影スポットでもあるようで、たくさんの観光客(主にヨーロッパ系)が写真撮ってました。

P3180238_LS
↑ 終盤は大行列になりますw

地図を見ると分かりますが、最終的にはワット・シェントーンに繋がる道なので、多くのお坊さんがワット・シェントーンに戻っていきます。

P3180239_LS
↑ これから一日の修行がはじまるのでしょうかね

こんな感じでいい写真が撮れるのが赤スポットになります。

 

次点(青ライン)

こちらは大通りで人も多いですが、観光地っぽい感じがするので次点にしています。

托鉢体験などはこちらでできるようです(旅行代理店などから予約が必要?)

P3180195_LS
↑ 人も多め。座ってる人はほとんど観光客っぽかったです。

P3180194_LS
↑ 体験ができることは大きなメリット?なので、気になる方はこちら側でも。

やっぱり現地の暮らしを見るというところからすると、裏通りの方が圧倒的にオススメです。

 

まとめ

2回に渡って紹介させてもらいましたがいかがだったでしょうか?

朝の托鉢はもちろん有名なので、これを目当てにルアンパバーンに行く方は多いでしょう。

朝市や市場など、衣食に必要なものが売っているような場所はその国の人やモノがよく見えますので、行ってみることでその国についてより深く理解することができると思います。

可能であれば時間を作ってその国を感じてみてください!

-------------------------------------

ブログ村 ランキングに参加しています。下のボタンを押してもらえるとモチベアップに繋がって嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

-------------------------------------

 -ラオス

  関連記事

P3180680

ルアンパバーンに行ったら現地の生活に触れてほしい!①(ラオス・ルアンパバーン③)

前2回に渡ってルアンパバーンの空港を紹介しましたので街もこれから何回か紹介させてもらいます。 まず今

p3190966_ls2

パクウー洞窟半日ツアーで一生分の仏像を見た!②(ラオス・ルアンパバーン⑨)

2回に渡って紹介しているパクウー洞窟ツアーですが、今回は洞窟内部の紹介となります。 前回含めた目次は

p3191241_ls

ナイトマーケットでお土産買いつつ満腹になる!(ラオス・ルアンパバーン⑥)

長く紹介しているラオスルアンパバーンですが、もう少し紹介させていただきます。 今回はアジアの国にはよ

p3180622_ls2

ルアンパバーンは見どころ仏閣もたくさん(ラオス・ルアンパバーン⑤)

ルアンパバーンはフランス植民地時代の建物が残ると同時に仏閣が多いことでも有名です。 このコントラスト

p3190923_ls2

パクウー洞窟半日ツアーで一生分の仏像を見た!①(ラオス・ルアンパバーン⑧)

長いこと紹介してきたルアンパバーンの紹介もほぼ最後です。(洞窟ともうちょっとだけ続きます) 今回は、

P3201516_LS

ルアンパバーン国際空港は時間潰しが難しい・・①(出国前エリア)

さて、タイトルの通り、需要があるか分かりませんがルアンパバーン国際空港の施設メモでも紹介させてもらい

p3170170_ls

メコンリバービューホテルは内装、外装、食事の全部素晴らしかった!(ラオス・ルアンパバーン⑩)

今まで色々とルアンパバーンの観光を紹介してきましたが、最後に泊まったホテルの紹介で締めようと思います

p3180713_ls2

メコン川に沈む夕日を見るならココ!(ラオス・ルアンパバーン⑦)

今回はメコン川に沈む夕日特集です。 多くの方はルアンパバーンに宿泊されると思いますので、その際はぜひ

P3201536_LS

ルアンパバーン国際空港は時間潰しが難しい・・②(出国後エリア)

前回から紹介しているルアンパバーン国際空港の紹介です。 ざっと↓の感じで紹介しています。 前回:到着

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

P8110005_LS2
羽田空港早朝便のために朝まで寝てみた

今回ですが、色んな旅行者さんのブログで使い古されたネタではありますが、羽田空港早朝便に乗るため国際線

P2260566_LS
武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P2260486_LS
漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

P2250402_LS
ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P2250345_LS
長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。


  • 埼玉県出身。都内で働く30代サラリーマン。外に出かけるのが好きでしょっちゅう遠出してます。

    サラリーマンでも土日だけや3連休で十分旅行を楽しめるというのを伝えていきたいと思っています。

    国内海外ともにLCCや夜行バスを駆使して格安で行くのがモットーです。

    -------
  • 航空券予約はまずこれで最安値確認です!