*

ルアンパバーンに行ったら現地の生活に触れてほしい!①(ラオス・ルアンパバーン③)

   


前2回に渡ってルアンパバーンの空港を紹介しましたので街もこれから何回か紹介させてもらいます。

まず今回はラオスとかルアンパバーンって?なんてところの紹介からさせてもらってます。

知ってる方は読み飛ばして市場からの紹介を見てもらってもOKです。

 

この投稿の目次

次の投稿の目次(予定)

  • 朝市
  • 朝の托鉢
  • まとめ

ラオスについて

まず、ラオスという国ですが、東南アジア諸国連合(ASEAN)に属する国で、ベトナムの西、タイ、カンボジアの北、ミャンマーの東に位置しています。

今挙げた国々は日本からの観光客も多く、見どころも多くあります。

一方、ラオスに何があるの?って聞かれるとこれだという有名どころはないと思います。(実際は自然だらけで見どころはあるんですけどね)

こんな人には説明しにくい国ですが、個人的には心に響いた国で、できるものならこんな生活がしたいなと思う国でした。

 

もちろん、表面的な部分しか見ていないのかもしれませんし、お金がある国からの旅行者だからよく見えているだけなのかもしれません。

それでも、この国の人々には誰からも親切にされましたし、騙されそうな目にも合うことはありませんでした。

国民性なのか単に運が良かっただけなのかはわかりませんが、そんな体験もあり、非常に好きになりました。

だらだらと気持ちを書いてみましたが、この記事を見て少しでもルアンパバーンに興味を持つ人がいればいいなと思っています。

 

ルアンパバーンについて

P3180680_LS

ルアンパバーンはラオスの北部に位置する街で、フランスの植民地時代の家屋とラオスの文化が混ざり合ったコロニアルな街として世界遺産登録されています。

実際に行ってみるとその通りで、熱帯の木々が生い茂る中、フランス風の建物があったり、一方で敬虔な仏教国として托鉢が行われていたりと、文化の混ざり具合を楽しむことができます。

規模としてはあまり大きくない(自転車ですぐに一回りできてしまう程度)ので、村というのが一番しっくりくるでしょうかね。

また、街から一歩外れると、ラオス現地の人の暮らしを垣間見ることができる市場などもあり色々な色を見ることができます。

観光できているので有名な場所を見たいのは当然ですが、現地の生活を見るのも立派な観光だと思いますので、是非見てみてください!

では、長々と文書を書いてしまいましたが、現地の生活なんかを紹介できればと思います。

タラート・ポーシー(マーケット)

P3180466_LS

ルアンパバーンの暮らしに一番触れられる場所ということで、やはり市場をおすすめします。

市場ですので、家きんや生魚などもいます。生臭いのとか苦手な方はちょっと我慢が必要かと思いますが、その国で食べられている野菜や、生活水準(物価)、どんなものが安くてどんなものが高いかなど、国を一番知ることができる場所だと思っています。

中に入ると、

P3180468_LS
↑ 入口周辺は家電中心

P3180469_LS
↑ 少し入ると生地や生活雑貨が多めです。
(ラオス織物が生地で買えます。市街よりもかなり安めな感じ)

屋内では臭いのない生活雑貨系が多く、屋根のないところに魚・野菜などが多く売られています。

P3201438_LS
↑ 道路沿いにもかなりの露店が出ていて歩いてて面白いですね

屋内は臭いもの少ないと↑で言った矢先ですが、精肉だけは屋内にあるようです。

この周辺は結構な生感が・・。

P3180476_LS
↑ ガシガシ肉さばいてます

ただ、この真横は乾物ゾーンと軽食食べられるお店が何件か並んでます。凄い店舗構成だ・・

P3180475_LS
↑ 奥に見えるところが乾物。手前のテーブルが軽食ゾーンです

衛生的にちょっと怖かったですが、せっかく来たのでここでフーをいただきます!

P3180483_LS
↑ めっちゃ美味しかったです!もちろん完食。(隣で肉捌いてるような所ですが・・)

P3180473_LS
↑ 建物抜けていくと魚介ゾーンになります。ここら辺は特に生臭いので注意

P3180491_LS
↑ 建物の逆側。パラソルで野菜を売ってるお店がたくさんです。

100円くらいでかごいっぱいの野菜が買える安さです。

お土産物などはほぼないですが、1件だけ竹細工を売るお店があったので購入!

P3180498_LS
↑ 英語ももちろん通じませんでしたが、籠を2つ買って写真まで撮らせて頂きました。

いいおばあちゃんだったー。

こんな感じでラオスの人たちがどんなところでものを買って生活してるのかがよく分かる場所でした!

ちなみに、日曜日はかなりのお店が休業になるようで、

P3201439_LS
↑ 生鮮系のお店はほとんどやってませんでした。曜日にはご注意を。

 

アクセス

幹線道路まっすぐ南なので楽ですが、市街地(いわゆる観光地)からは結構離れてます。

徒歩では厳しいため、レンタサイクルなど借りてアジア道をかっ飛ばしていきましょう。15~20分ほどで着きます。
(マップは王宮からのルート表示にしています)

GoogleMapで道が登録されてなかったですが、マッピング場所は地図見ながら調べたので合ってます。

P3180464_LS
↑ こんな道を自転車で走るのも楽しいですよ

では、続きは次回に~!

-------------------------------------

ブログ村 ランキングに参加しています。下のボタンを押してもらえるとモチベアップに繋がって嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

-------------------------------------

 -ラオス

  関連記事

P3180213

ルアンパバーンに行ったら現地の生活に触れてほしい!②(ラオス・ルアンパバーン④)

前回からの続きで現地生活を垣間見れる場所ということで紹介しています。 まずは全体の目次 前の投稿の目

P3201516_LS

ルアンパバーン国際空港は時間潰しが難しい・・①(出国前エリア)

さて、タイトルの通り、需要があるか分かりませんがルアンパバーン国際空港の施設メモでも紹介させてもらい

p3190923_ls2

パクウー洞窟半日ツアーで一生分の仏像を見た!①(ラオス・ルアンパバーン⑧)

長いこと紹介してきたルアンパバーンの紹介もほぼ最後です。(洞窟ともうちょっとだけ続きます) 今回は、

P3201536_LS

ルアンパバーン国際空港は時間潰しが難しい・・②(出国後エリア)

前回から紹介しているルアンパバーン国際空港の紹介です。 ざっと↓の感じで紹介しています。 前回:到着

p3190966_ls2

パクウー洞窟半日ツアーで一生分の仏像を見た!②(ラオス・ルアンパバーン⑨)

2回に渡って紹介しているパクウー洞窟ツアーですが、今回は洞窟内部の紹介となります。 前回含めた目次は

p3180622_ls2

ルアンパバーンは見どころ仏閣もたくさん(ラオス・ルアンパバーン⑤)

ルアンパバーンはフランス植民地時代の建物が残ると同時に仏閣が多いことでも有名です。 このコントラスト

p3170170_ls

メコンリバービューホテルは内装、外装、食事の全部素晴らしかった!(ラオス・ルアンパバーン⑩)

今まで色々とルアンパバーンの観光を紹介してきましたが、最後に泊まったホテルの紹介で締めようと思います

p3191241_ls

ナイトマーケットでお土産買いつつ満腹になる!(ラオス・ルアンパバーン⑥)

長く紹介しているラオスルアンパバーンですが、もう少し紹介させていただきます。 今回はアジアの国にはよ

p3180713_ls2

メコン川に沈む夕日を見るならココ!(ラオス・ルアンパバーン⑦)

今回はメコン川に沈む夕日特集です。 多くの方はルアンパバーンに宿泊されると思いますので、その際はぜひ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

P8110005_LS2
羽田空港早朝便のために朝まで寝てみた

今回ですが、色んな旅行者さんのブログで使い古されたネタではありますが、羽田空港早朝便に乗るため国際線

P2260566_LS
武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P2260486_LS
漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

P2250402_LS
ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P2250345_LS
長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。


  • 埼玉県出身。都内で働く30代サラリーマン。外に出かけるのが好きでしょっちゅう遠出してます。

    サラリーマンでも土日だけや3連休で十分旅行を楽しめるというのを伝えていきたいと思っています。

    国内海外ともにLCCや夜行バスを駆使して格安で行くのがモットーです。

    -------
  • 航空券予約はまずこれで最安値確認です!