*

早朝の上海着は思った以上にきつい(上海・蘇州②)

      2017/02/15


前回の投稿では羽田空港を深夜1時半フライトなところまで紹介しました。

今回は上海に着いてから、街に出るまで結構きつかったので過ごし方などなどを紹介します。(今回は朝の空港の過ごし方なため短めです)

前回の記事はこちら。(上海編が全てまとまったら見出しつけます)

 

まさかの機内食で起こされる

深夜便なのでゆっくりと寝られると思いきや、機内食(お菓子)があり、CAさんに起こされました・・。

P8290038_LS
↑ 真っ暗な中お菓子をガサガサする

もちろん1分前まで寝ていたのでお菓子なんか食べる気も起きず、バッグに詰めて寝なおすのでした。

さらに予定の到着時間は4時ですが、30分前倒しの3時半に到着しました。

実はフライトスケジュールが出発前に4時に変更になったのですが、元は3時半着だったんですよね…。

なんのために30分遅らせたんだ…。

日本と上海の時差は1時間なので、日本時間の4時半に到着です。フライト時間は3時間です。

お菓子で起こされ、30分早く着いて、すっかり寝不足です。

お菓子出してもいいけど、寝てたら起こさないでほしかった・・。

 

早朝着からの移動手段について

ここで早朝着からの移動手段の整理をしておきます。

自分は全く考えずに到着してしまったので、これから深夜便使おうとしている方の参考になればと思います。

空港から上海市街地までの移動手段と始発時間、上海市街までかかる時間と料金目安は以下の通りです。

  • バス(始発6時半頃、1~1.5時間、10~30元)
  • メトロ2号線(始発6時過ぎ、約1時間、7元程度)
  • リニアモーターカー+メトロ2号線(始発7時、30分、リニア50元+メトロ5元程度)
    ※リニアの場合は終点の龍陽路駅からはメトロ2号線に乗り換えが必要です
  • タクシー(24時間、50分程度、目安150元程度)

 

始発時間を考えると、バスもメトロもあまり変わりません。

今回は安く済ませたいというのと、荷物が少なかったのもあったので、メトロでゆっくりと行くことにしました。

タクシーで急いで行ってもどこも空いてませんしねー。

メトロ乗り場はターミナルの2階から5分ほどの連絡通路で直結になります。

P8300076_LS
↑ 至るところにMetroマークがあるので迷うことはないと思います。

本数も多く、浦東空港が始発駅なので、日中着であれば問題なく市街地まで行けるはずです。

ただし、早朝着の場合、

P8300079_LS
↑ 始発の6時までは駅のシャッターが閉まっています。

下でも書きますが、早く行ってもメトロには入れませんので、6時過ぎまで空港内のベンチで時間をつぶしているといいと思います。

なお、メトロの場合、浦東発の列車(2号線)は広蘭路駅までしか行きませんので、そこで市街行きの2号線に乗り換えましょう。

P8300094_LS
↑ 降りたら向かい側のホームが市街行きの列車になります。

朝7時過ぎの写真ですが、既に結構な混み具合なので、香蘭路からは座れないと思いましょう。
ちなみに上海のメトロは写真見てもなんとなく分かると思いますが、降りる人を待たずに皆乗ってきますので、乗り降り時は気を付けてくださいね。

 

早朝の空港での時間潰しについて

空港の全体マップです。

P8300066_LS_LS
↑ 全3階構成で、1階が入国ゲート。2階がメトロ・リニアへの連絡通路です。

そしてこれが3階の出国ゾーンの早朝(4時)です。

P8300072_LS
↑ 露出上げて撮ったので明るく映ってますが、実際は暗いです。

基本的にお店は3階に集中しているように見えましたが、2階にもちらほらとはありました。
(もちろん早朝にはやってません)

3階のお店ももちろんのことながらほとんどやってません。

P8300065_LS_LS
↑ ファミマと、現地のコンビニくらいです。

両替については、入国ゲートのある1階は開いているところもありますが、出国ゲートのある2階(最初の写真が2階です)は開いていないので、現金を替えるのであれば1階でどうぞ。
自分の場合は、写真のファミマの横のATMから降ろしました。(カード海外キャッシングです)

P8300064_LS_LS
↑ ちなみに現地SIMカード屋は1階にあり、早朝でも人はいました。
今回はwifiルータをレンタルしたため利用はなしです。

やってるお店などなど、羽田とは大違いだ…。

早朝に着くので24時間空港と思ってましたが違うんですねぇ。

始発待ちなのか、早朝便待ちなのか、ベンチは寝てる人で埋まってます。

(空港のほぼ端まで歩きましたが)運良く2人分のベンチが見つかったので、始発までボーッとしたりウトウトしたりしてました。

空港の無料Wi-Fiはあるものの、Pinを発行してもうまく使えずに途中から諦めてました。
(あとで金盾のせいだと分かるのですが…)

2時間程度座ったり立ったり、暗い空港を歩いたりとしましたが、睡眠時間少ない中の追い打ちで非常に疲れました…。

日本の空港なら遠慮せずに寝るのですが、海外ということもあって、緊張してますしね。

 

深夜発、早朝着便は一日が長く使える利点はありますが、浦東空港のように、周りの交通機関も考えると待ち時間が発生するデメリットもあるので注意が必要ですね。

空港紹介はこの辺りとして、次は街に出てからをレポしますね

-------------------------------------

ブログ村 ランキングに参加しています。下のボタンを押してもらえるとモチベアップに繋がって嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

-------------------------------------

 -中国, 旅行, 旅行豆知識, 海外旅行

  関連記事

WP_20150315

スーツケースを空港まで送れるサービスが便利

今週の木曜日から日曜日まで海外に旅行に行ってきますが、今回は平日+10時成田発のフライトなので、通勤

P8310608_LS

蘇州日帰り観光 - 庭園と古い町並みが好きなら蘇州へ ー(上海・蘇州⑦)

さて、長く紹介してきた中国旅行も終わりに近づいてきました。 今回は上海駅で購入した高速鉄道チケットで

hiroshima_flight

【考察】広島空港からのアクセス

先日の春秋航空の737セールで運よく広島便を格安で取ることができました。 ただ、広島空港から県内の各

P9220246_R

2月から燃油サーチャージが大幅に下がるようです!

毎回久しぶりの更新になってしまってますね・・。 1月は毎年家の掃除やら春からの旅行計画などで遠出はし

P2260566_LS

武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P8300018_LS2

夜の羽田空港は開いているお店も多く過ごしやすい(上海・蘇州①)

更新することはたくさんあれど、サボってなかなか更新できていませんでした。 今回は2泊3日で上海、蘇州

P9193294_LS

カメラを盗られて海外旅行保険を使いました(海外旅行保険の申請、注意点など)

※サムネイルは本編とは関係ありません。 海外旅行では、置き引きされるというのはよく注意点として出てく

P2260486_LS

漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

PC130262_LS

札幌散策(北海道その3)

やっと全3回の最終回です。 前日泊~当日成田空港まで 冬の洞爺湖 札幌 + 新千歳空港まで  ←今回

P2250096_LS

天河国際空港ターミナルからメトロ駅まではシャトルバスが出ていて便利!(注意点有)(中国 武漢②)

前回は天河国際空港の中の紹介でしたが、今回は市街地までのアクセスを紹介します。 2016年12月まで

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

P8110005_LS2
羽田空港早朝便のために朝まで寝てみた

今回ですが、色んな旅行者さんのブログで使い古されたネタではありますが、羽田空港早朝便に乗るため国際線

P2260566_LS
武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P2260486_LS
漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

P2250402_LS
ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P2250345_LS
長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。


  • 埼玉県出身。都内で働く30代サラリーマン。外に出かけるのが好きでしょっちゅう遠出してます。

    サラリーマンでも土日だけや3連休で十分旅行を楽しめるというのを伝えていきたいと思っています。

    国内海外ともにLCCや夜行バスを駆使して格安で行くのがモットーです。

    -------
  • 航空券予約はまずこれで最安値確認です!