*

Willer Expressのコクーンが快適だった!(名古屋・岐阜日帰り①)

      2015/06/13


週末に夜行バス利用して東京から名古屋と岐阜に日帰り旅行してきましたー。

日帰りとは思えないほど色んな事をしたなーと思うので、今回は3本構成でレポートしますね。

  1. 高速バス編(Willer Express コクーン)← この記事です
  2. 犬山城(愛知県犬山市)
  3. 金華山・岐阜城(岐阜県岐阜市)

 

高速バス編

東京~名古屋間の高速バスですが、今回は前回長野に行った時と同じくWiller Expressさんを利用させてもらいました。

ただし、夜行便で時間も長いことから奮発してコクーンという高級夜行バスにしています。

結構豪華だったので今回はそれだけ切り離して今回レポートさせてもらうことにしました。

 

コクーンとは?

Willer Expressのバス座席タイプの中でもほぼ最上位にあたる、1列2席のゆったり仕様のシートになります。

コクーンは名前の通り「繭」を意識して作られており、ほぼ個室なシートとなっています。

1台に20席程度しかないため値段も高くなっていますが、その分ゆったりと眠れる仕様となっています。

参考までに、通常の4列シートが5500円に対してコクーンの場合は8800円と、2割くらい割高となっています。
最後におまけで4列シートの写真も載せておきますので、そちらも気になる方はどうぞー。

では、内装の紹介になりますー

 

内装

まずは通路から。

P6050003_LS
↑ こんな感じで通路はとても狭いです。だいたい一人が「横向き」で通れる程度の広さしかありません。
蟹歩き必須ですね。

よく見てみると結構異質な空間ですね・・。バス内部ですよ?

なお、大きい荷物持っている人は事前に下ろしておいた方がいいです。

普通のバスと違って、荷物置くスペースも小さい(上の網棚くらい)なため、荷物が多い場合はトランクに預けることになります。

荷物まとめも忘れずにー。

P6050004_LS
↑ 座席は個室っぽい空間になっています。

狭そうに見えますが・・

P6050005_LS
↑ 足は目いっぱい伸ばせます。
(ただし、先は細めですので若干窮屈感はあります)

P6060011_LS
↑ レッグレストを思いっきり伸ばすとここまで上がります。
上げきれば先の細いのも余り気にはならないですね。

P6060012_LS
↑ 座席の説明です。
色々と機能ありますなー。

リクライニングは140度、シート幅は座面46.5cm、肘ありだと67cmとなります。
なぜ肘アリでこんな増えるのかの秘密は下で分かります。

P6050006_LS
↑ もちろんのことながらテレビとヘッドフォンも完備
こちらはコクーンだけではありませんが、ゲーム、映画など見ることができます。

P6050007_LS
↑ ジューススタンド、奥に充電スペース(1本)もあります。

ここで電源プラグについて1点注意です。

横に回しながら差し込むタイプなのですが、上部がモニタへの曲線となっているので、上に長いプラグは引っかかって使うことが出来ません・・。

現に写真のプラグは上に長いので、しっかりとささらず充電できませんでした・・。

充電する気の方はご注意を。

P6050008_LS
↑ 座席左側には椅子のリクライニングもついてます。
これでシート全体が倒れるようになっているので、140度よりも倒れてほぼ寝た感じになることができます。

P6050009_LS
↑ サイドポケット。
メガネケースとアイマスクが入るくらいであまり大きくはないですね。

ちょっとした荷物はどこに入れるかというと、

P6050010_LS
↑ 右側にあるリクライニングレバーの周辺が手置き+ちょっとした空間になっているので、ここに入れるのが良いと思います。

ここの空間のおかげで、肘あり面が座面の幅と比べて広くなっているのです。

P6060013_LS
↑ フルで座席を倒したところ。
写真では分かりにくいですが、十分なくらい倒れますね。

 

まとめ

写真ばかりでしたが、設備は色々と揃っているのがコクーンです。

いいところも多いですが、気になったところもあるので、まとめてみますね。

いいところ

  • リクライニングが凄い
  • 個室っぽいため、プライバシーが保てる
  • コンセントがついている

やはりリクライニングが倒れるのが一番大きいですね。

夜行バスはあくまでも寝るところなので、寝心地が一番です。

プライバシーは保てていいですが、個室のカーテンなどはないので過度な期待は禁物です。

コンセントは他のバスにもついているのはありますが、普通の4列シートにはないので、いいところに挙げておきました。

 

わるいところ

  • 値段が高い
  • 背が高い人は狭いかも
  • 個室になっているため、空間が限られる

一番は値段が高いところです。

最初にも書きましたが、4列シートタイプより2割高ですので、安さを求めてバスに乗る方にはあまりお勧めできません。

次に、シートサイズですが、170cm・60kgくらいの自分の体型でちょっと足が狭いなと感じるくらいですので、男性で大柄な方には狭いかもしれません。

3番目の欠点にもかかりますが、個室になっているため、普通のバスと違って通路側へ体を出すということができません。

自分の体型に合うかはさすがにここでは何とも言えませんが、180㎝くらいが限界かなーとは思います。

 

こんな感じで悪いところもありはしますが、ほぼフラットに眠れるという点では十分にオススメできるシートタイプだと思います。

値段が高いというところは、夜行便で早く目的地に着けるという利点があるため許容できるかなと思っています。

新幹線も確かに早くていいですが、こんな感じのバスで行くというのも行き方の一つだと思うので、気が向いたら利用してみてくださいー。

 

おまけ

同じく、Willer Expressの4列シートの内装になります。
長野に行ったときの4列フラットです。

P5300012_LS
↑ 4列なので普通の内装ですね。
コクーンがちょっと変なだけかもしれませんがw

P5300013_LS P5300014_LS
↑ コクーン見た後だと普通ですが、十分広めに作ってあると思います。

P5300017_LS
↑ コクーンと同じくテレビも完備しています。

P5300018_LS P5300019_LS
↑ ゲームもできますー。
ソニックやってたら気持ち悪くなりましたw

P5300006_LS
↑ 昼便でも夜便でも威力を発揮するのが日よけのこれ。
昼便だと光が防げてゆったりと眠れます。
見た目は宇宙人ですが、これがあるとアイマスクいらずでとても便利です。

 

夜行バス、昼便など、昔に比べて数は減りましたが、独自路線を出したWiller Expressのような所が生き残っていけてるのかなーと思います。

プレミアムシートなんてのもあってまだまだ乗ってみたいのがたくさんあるので、また乗ったらレポートします!

 

本来であれば、旅行記のはずが、1回丸々バス紹介に使ってしまいましたw

次回は名古屋後の犬山散策を紹介しますね!

-------------------------------------

ブログ村 ランキングに参加しています。下のボタンを押してもらえるとモチベアップに繋がって嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

-------------------------------------

 -国内旅行,

  関連記事

P6060117_LS

犬山城、立派で景色も綺麗だった(名古屋・岐阜日帰り②)

前回は夜行バスの話で1回潰れましたが、今回からはちゃんと観光地紹介します! 今回は3本構成のうち2つ

P5300098_LS

善光寺御開帳に行ったらえらい混んでた

長野県善光寺の御開帳に日帰りで行ってきたので紹介です。 今回も最近利用機会の多いバス(夜行ではないで

P9220389_R

吉野ケ里公園 (佐賀)

前回紹介できなかった吉野ヶ里公園です   しっかり紹介できるかというとそうでもなく、最寄駅に着いた頃

P9051185_LS

熱海で美味しい海鮮を頂く!(熱海18切符日帰り①)

冬の青春18切符が出ている中ですが、夏の18切符で埼玉から熱海に日帰りで遊びに行ってきたので紹介です

P7250114_LS

浜名湖 舘山寺は冒険気分で面白い!(浜松日帰り②)

青春18きっぷで浜松日帰りしてきたときの紹介ですー。 ルート紹介から、浜名湖散策まで2つに分けて紹介

P9051080_LS

来宮神社でご神木を眺める+温泉(熱海18切符日帰り②)

前回の商店街、海岸に続いて第2回です。 熱海日帰りの本来の目的が今回行く2か所になります。 周った場

P4250107_LS

白川郷で昔ながらの田舎町を体感(飛騨高山・白川郷②)

夜行バスで飛騨高山と、白川郷に1泊3日で行ってきたのでその紹介です。 濃厚で紹介していくと長くなりそ

PC130046_LS

早朝便で北海道行ってきました!(北海道その1)

復活できたので早速札幌の記録書いていきますー。 (写真は新千歳の滑走路です。) 行ったのは12月13

P4240011_LS_LS

高山行の高速夜行バスは結構快適でした(飛騨高山・白川郷①)

夜行バスで飛騨高山と、白川郷に1泊3日で行ってきたのでその紹介です。 今回の旅行は、高山の古い街並み

P7250057_LS2

青春18切符で浜松日帰りしてきた!(浜松日帰り①)

7月20日より青春18切符の夏期間が始まりましたので、さっそく購入して日帰りで埼玉から浜松まで小旅行

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

P8110005_LS2
羽田空港早朝便のために朝まで寝てみた

今回ですが、色んな旅行者さんのブログで使い古されたネタではありますが、羽田空港早朝便に乗るため国際線

P2260566_LS
武漢1泊2日旅行まとめ(かかったものとか)

今回はまとめになります。 今までの旅行はいくらかかったとかあんまり考えてなかったですが、改めて書いて

P2260486_LS
漢口租界で歴史のありそうな建物を見た!(中国 武漢⑨)

長いようで短かった2日間の武漢旅行、最後は漢口租界を朝に眺めて終了となります。 1日目:空港⇒宝通禅

P2250402_LS
ドーセット・ウーハンでリッチに武漢の夜を過ごす(中国 武漢⑧)

今回はホテル紹介です。なので短め。 1日目:空港⇒宝通禅寺⇒復興路⇒黄楼閣⇒戸部巷⇒長江渡し舟⇒江漢

P2250345_LS
長江渡し舟で武漢の夜景をみる(中国 武漢⑦)

戸部巷でお腹いっぱいになったところで、長江沿いの船着場から渡し舟に乗って江漢側のホテルに帰ります。


  • 埼玉県出身。都内で働く30代サラリーマン。外に出かけるのが好きでしょっちゅう遠出してます。

    サラリーマンでも土日だけや3連休で十分旅行を楽しめるというのを伝えていきたいと思っています。

    国内海外ともにLCCや夜行バスを駆使して格安で行くのがモットーです。

    -------
  • 航空券予約はまずこれで最安値確認です!